気まま日記


2022年1月16日〈お教室選び〉

皆さんのピアノ教室を選ぶ基準は、何でしょうか?

 

ピアノは、ご存知のように長く通って習得する習い事ですので、始めが肝心です。

最初に通う教室の指導力で、上達は決まります。楽しいだけできちんと教わっていないと、お金と時間の無駄になってしまうことになり兼ねません。途中で教室を替えることも、お子様の負担になってしまいます。

 

私は、まず体験時に、弾く時の姿勢や指使い、譜読みの大切さをお伝えしています。

 

意外かもしれませんが、指使いの指導が甘いと、手がなかなか鍵盤の幅や感覚を覚えられず、その分上達が遅くなってしまうのです。

 

また譜読みをさせず、耳と記憶力だけに頼ったレッスンをしてしまうと、曲が進むともう本人はお手上げ状態です。実は他教室からそういった生徒を、数え切れない程見てきました。

 

結局行き詰まったり、譜読みに不安を感じていらっしゃる訳ですが、一言で言って『基礎』が疎かな方が殆どです。

 

そもそも『基礎』(姿勢、指使い、譜読み他)は、時間と手間が掛かるもので一朝一夕には習得出来ません。丁寧かつ根気のいる指導と本人の練習の積み重ねがあってこそ、基礎土台が作られ、ピアノが弾けるようになってくるのです。→楽しくなる。

 

幼少期から時間を掛けて『基礎』しっかり学ぶ事は、ひいてはピアノを『長く』続けられ、『上達』にも繋がります。

長く通って下さる生徒さん達は、間違いなく上達しています。

 

お金に換えられない一生の宝ですね(๑・̑◡・̑๑)

 


2022年1月13日〈一年の計は元旦にあり〉

今年は7日よりレッスンスタート!子供達には、楽しかった冬休みの話を聞いた後、各自今年のピアノに対する目標を公言して貰った。

 

すると、皆意外に分かってる…自分の弱点(^^)私がよく言ってる事…(笑)

『楽譜を見ながら弾けるようになる』

『音符をもっと読めるようにする』

『指番号よく見る』

『練習時間をもう少し多く取る』…

これらは彼らが思う具体的な策であり、皆がそれぞれに『今よりもっと上手くなりたい』と志を高く持っていることに、改めて私も心から、この子達に寄り添って指導していこう!という気持ちになった(*´꒳`*)

 

そう、一年の初めに、ある程度目標を持ち、それを公言し意識することで、よりレベルアップを図れる一年になるのですよ。

まさに一年の計は元旦にあり!

 

中には、『コンクールで入賞すること』という子もチラホラ。そうだね、今年はどのコンクールも通常通り行われるだろうから(観客人数制限あれど)、是非頑張って下さい\(^-^)/


2022年1月1日〈謹賀新年〉

新年明けましておめでとうございます。 

本年も宜しくお願い致します。

 

今年もピアノを通して、子供達に音楽の楽しさや自信を持てるよう、日頃の充実したレッスンや様々なイベントをご用意してお待ち

しています。

 

只今、帰省中。本日飛行機内から取った縁起物の写真がコレ(^^)皆様にとって、飛躍の1年でありますように。。。

体験レッスンは、1月より再開致します。